トップメッセージ

株式会社NIPPON PAY(ニッポンペイ)代表取締役社長 髙木 純代表取締役社長 高木 純

 株式会社NIPPON PAYは、「日本をキャッシュレス化する事で、日本の国家運営コストを激減させ、日本の経済成長を促進する」を経営理念に掲げ、WeChat PayやAlipay、Union Payなどの中国系決済、Amazon Payなどの国内スマホ決済サービスなど、さまざまなキャッシュレスソリューションサービスを提供する企業です。
 もともと他のビジネスを手掛けていた私が「キャッシュレス」に注目するようになったきっかけは、数年前に旅したアフリカやアジアの国々でキャッシュレス化の波を目の当たりにし、衝撃を受けたことでした。アフリカでは、「エムペサ」という携帯端末による送金サービスが広く普及していて、例えばあのマサイ族の人々も中東への出稼ぎで得た給与をスマホで母国に送金しています。また、中国ではQRコードで物乞いをするホームレスの姿も珍しくありません。世界人口70億人のうち大多数を占めるインド、中国、アフリカはすでに本格的なキャッシュレス社会に向かっており、それがすでに世界水準になりつつあるのです。
 キャッシュレス化により現金を持ち歩かなくなったおかげで、アジアの新興国では強盗が減って治安がよくなり、紙幣やコインを触る機会が減って伝染病が減った上、決済データが記録として残るため、わいろや脱税が減るなど様々なメリットが生まれています。
 一方、日本では個人消費額の約8割がいまだに現金決済であり、完全に世界の潮流に乗り遅れています。このままでは、多くの日本企業が訪日外国人観光客への対応に遅れをとってしまい、ビジネスのグローバル展開のチャンスを逃してしまうことは明白です。
 そこでNIPPON PAYでは創業以来一貫して日本のキャッシュレス化に取り組み、店舗や自治体などへ専用タブレットのレンタル事業を展開、タブレットに搭載された決済や通訳機能を活用していただくことによって、訪日外国人のキャッシュレス決済と円滑な対応を起点に、日本全体の「キャッシュレス化」に全社を挙げて取り組んでいます。

 おりしも2018年は、金融や通信の分野でもキャッシュレスサービスが相次いでリリースされるなど、まさに「ペイペイ元年」ともいえる節目の年。さらに、多くの外国人が来日する2020年は日本をキャッシュレス化するまたとないチャンスの年です。NIPPON PAYは日本のキャッシュレス化をけん引するリーディングカンパニーとして、すべての人が安全で便利なキャッシュレスのメリットを享受できる社会の実現に向けて全力で邁進いたします。
これからのNIPPON PAYにどうぞご期待ください。

株式会社NIPPON PAY
代表取締役社長
高木 純

プロフィール

東南アジア各国で複数の起業失敗・成功体験を持つ、アジアンな日本人

1976年京都市生まれ
1992年15歳で社会へ – 阪神・淡路大震災の復旧作業を現地で経験
1998年松下電器産業(株)入社
1999年友人と起業(営業代行・PR代行事業)
2000年ソーシャルレンディング事業を起業し失敗
2002年ソフトバンク Yahoo!BB販売代理店を開始し成功 – 四半期 全国2位の販売実績 (1280名の販売パートナー)
2005年事業譲渡し単身海外へ(ニュージーランド)
2006年海外銀行口座開設サポートを開始し成功 – NZ・豪・香港・シンガポールにて累計20,000人
2011年ベトナムにて日本企業進出支援を起業し失敗 – 現地仲間の飲食店開業を支援し成功
2012年カンボジアにて大学生向け日本語教育事業を創業
2013年台湾にて日式パンケーキ事業を創業し成功
2014年8ヶ月間 世界を視察する旅を体験 – アフリカのケニアでM-Pesaと出会う
2016年40歳の誕生日にNIPPON PAYを創業
2017年NIPPON Tabletブランド展開を開始
2018年台湾政府 キャッシュレス化推進アドバイザーに就任

創業ストーリー漫画 第1話 まもなく配信

常識を疑え!! 新章 大いなる夢想 第1話 原作:高木純 シナリオ・構成:横井憲治 作画:丸山勇樹

お問い合わせ

株式会社NIPPON PAY(ニッポンペイ)×NIPPON Tablet株式会社(ニッポンタブレット)

お問い合わせメールアドレス

ページトップへ